上手なワインの贈り方

ワインを上手に贈れるようになりたいという声を聴くことがよくあります。


レストランでワインを上手にオーダーするのも、けっこう難しいと感じている方もいるようですが、贈るとなると、かなり相手のことを知っていないと難しいものがあります。


贈る相手をよく知っているということになると、相手と食事をしたり、親しい関係にあるということになりますが、相手とディナーを共にする関係になりたいと思うときにも、ワインはかなりの良い効果をもたらすそうです。


例えば、ワインは、ボトルのままパーティーに持っていくという方法もあります。

カジュアルだけど、相手が喜ぶ方法です。


片手にワインボトル、片手に可愛いブーケがあれば、何を意味しているかは一目瞭然ですね。いろいろな意味で、愛が伝わります。


また、ワインは赤と白をそろえて贈れるという素敵なアイテムです。

ワインの世界でもマリアが人気に書きましたが、白と赤の組み合わせは、ロゼがあればすむ・・・という簡単なものではなく、深い意味をもっていたりするものなのです。


上手な贈り方の中には、チーズやオリーブなど、一緒に頂くと美味しいものと組み合わせるという方法もあります。


キャンドルと組み合わせるのも、粋なはからいです。


贈り方は、贈る人「その人」を表しますから、一工夫してほしい点だと言えます。


日頃考えないワインの贈り方を考えるだけでも、人生が豊かになる…ドイツワインをそんな風に考えて贈ることができれば、あなたの大人度は、かなり高く評価されるはずでは?


Amona Intertradeでは贈り方の相談も受けています。


ぜひ、ご相談下さい。